ペットと暮らしたい!そんな時はどうしたらいいの?

ペットは家族と同等の存在です。

ペットと暮らすためには、保護者としての責任感と寛容の心が必要だと思います。ペットとの初めての出会いから別れまで、途中で飼育を放棄しないことは最低限の心構えです。そこに少しでも不安を感じる人はペットとの暮らしをおすすめできません。ここでは飼育環境と物件に関して私の意見を述べたいと思います。人間の子でさえ、幼年期は住居を汚したり、傷を付けてしまう可能性があります。動物の幼年期ならば当然この問題はつきまといます。かれらは純粋無垢、無邪気であり、住居を汚したり傷をつけます。ですから、そうした問題は常に想定しておくべきです。結果的には入居時の敷金が返ってこなくなってしまう、もしくは修復で追加コストが発生してしまう、それでも彼らを許す事ができる寛容の心を持って接してあげることが重要です。ペットと暮らす住居探しはその点を加味して、検討する事が必要であると私は思います。

実際の物件探しについて

物件を探す上での大前提は、当然ながら物件がペットの飼育を可能としているかどうかという条件です。物件のオーナーに報告無しで飼育することは問題になった際、強制的に退去を命じられたり、ペットを手放す事になったり、周辺住人とのトラブルにつながってしまったり、もしくは法的トラブルに発展してしまったり、ペットも飼い主も物件のオーナーも誰も幸せにはなりません。その問題をクリアした上で、好ましい環境について考察してみました。私は物件が単にペット飼育可能かというだけで選ぶのではなく、住居の周囲の環境が重要であると思います。なぜなら動物にも感情があり、騒音や五感で感じるストレスが多い環境は、かえって動物を苦しめ住居のトラブルを併発するからです。心のゆとりは動物にも必要であると私は考えています。そのためにもペット飼育可能の物件探しは慎重に検討していただき、人間も動物も幸せに暮らせるよう検討いただきたいです。

釧路の賃貸は多数の不動産会社が扱っており、ホームページを通して情報収集を図れる他、希望に応じて内覧も可能です。